トイレのつまり予防法

2013年5月23日
あなたはトイレを詰まらせた経験が御座いませんかつまりの一例を紹介します用が終り水を流して次のことを考えているときに、水が増量してきたらどうしますかあの焦りというものは経験をした人にしか分かりません。とてもスリリングで癖になりそうな体験です。冗談はさておきまして、自分の家で起きる現象としては別段どうと言うことは御座いませんが会社など公共の場で起きたとしたならば事の重大さは一変致します。焦りに焦りどうしてよいものか、止まってくれと願うばかりであります。


なぜそのようなことを知っているかと申しますと、僕は何度も経験しているからなのです。自分の物ばかりではなく他人が残していった痕跡や身に覚えが無いのに水量が上昇してきたなど話題に事欠きません。恐るべしトイレとでも言いましょうかつまりがなくなるように一工夫できないのでしょうかきっとこの問題をクリヤできるような発明をしたのならば一生働かなくても済むのではないでしょうかもしかして一世一代のチャンスかもしれません。


ということでトイレの問題解決をしようではありませんか先ずは決められたティッシュ以外のものは、つまりの原因になるので絶対に流さないということと、太くて硬いウンチは決してしないということに尽きます。ここで難しいのは、出物腫物所構わずで意思に反して出てしまうという点です。少し横道に反れてしまいましたがいかがでしょうか結論といたしましては、ウンチが硬くなるような食べ物は食さないということではないでしょうかではまた

トイレつまりにはラバーカップを

2013年5月20日
トイレがつまった場合、スッポンと呼ばれるものを利用することで流れる事も有ります。このスッポンというものは正式名はラバーカップと呼ばれるもので、トイレつまりの必需品です。先はゴム上のものとなっていて、そのゴムには棒がつけられていて、便器の水が溜まる部分にゴム部分を入れて一回便器に押し付けから思いっきり棒を引くことで圧力が生まれ、内部に空気を送り込むという仕組みになっています。ラバーカップには色々な大きさの製品があるようです。


ラバーカップにはサイズも色々有ります。先端のゴム部分の大きさが大きいものや小さいもの、そして棒の長さも長い物もあれば短いものもあるようです。長い棒のラバーカップでは力がより加わり易いと思われます。ですが、基本的に大小あまり関係なくトイレには利用できるのではないかと思います。また、ラバーカップは便器のつまり以外にも洗面所やお風呂場、台所の配水管などに利用出来るのですが、当然ながらこれはトイレ用とは分けて使いたいものです。


ラバーカップの小さいものであれば100円均一のお店などでも購入出来るのですが、このサイズですと棒の長さが短いため、便器のつまり具合によっては汚水の中に手が入る可能性もあります。そのためトイレつまりに使用するラバーカップは多少なり棒の長さがあるものの方が良いのではないでしょうか。これはトイレの便器の詰まり方にもよりますが、1度限りの利用ではないため、後々の事を考えてみても、長めのラバーカップを用意しておく方が良いでしょう。

トイレのつまりにはスッポンを

2013年5月17日
トイレのつまりは、とても大変です。用を足してほっとしたときに、流そうと思ったら、流れないのです。そんな非常事態があることも考えて、備えておいたほうがいいと思います。トイレがつまったときは、スッポンという道具を使うといいと思います。つまったトイレに向かって、スッポンをひと押しすると、つまりを治すことができてしまいます。なので、いざという時に備えて、スッポンは一家に一台用意しておいたほうがいいと思います。


僕も、以前トイレが詰まったときに、どうしようか大変でした。しかも、スッポンはなかったので、本当に困っていました。買ってこようとしたのですが、スッポンが売っていなくて、いろんなお店を探しまわって、ようやく発見することができました。見つけることが出来たのは、トイレが詰まった2時間後のことでした。なので、においも結構なものになっていたので、スッポンほ重要性を改めて実感しました。備えて置くのは大事ですね。


スッポンでもトイレつまりが治らなかったり、スッポンがどうしてもないと行った場合には、業者さんなどに電話して直してもらうしかありません。値段は、かなり高いですが、確実に直してもらうことができます。なので、最終手段として考えてみるのもいいと思います。その前に、トイレのつまりを少なくするためには、トイレットペーパーを使いすぎないことがいいと思います。資源の無駄になりますし、トイレも詰まりやすくなってしまいます。